あなたのローイングマシンを特定する

一般的な識別

mg-id

WaterRowerの設計は、4つの基本ステップ(シリーズI、II、IIIおよびS4)で進化しました。 これらの設計変更により、スペアパーツの識別が少し難しくなりました。

1993 WaterRowerには2つの製造施設があり、1つは英国のロンドンに、もう1つはアメリカのロードアイランドにあり、アメリカ市場にサービスを提供しています。

何人かの人々は彼らのローイングマシンが作られた場所を知るでしょうが、チェックするのが最善です。 あなたのWaterRowerローイングマシンの原産国を特定する最も簡単な方法は、タンク側のゲージステッカー(タンクの側面にある)またはシリアル番号ラベルです。

S4 WaterRowerローニングマシンは、シリーズIIIと同じ構造ですが、S4モニターも含まれています。

フットボードかかとの残りの部分は一連の穴を通して調節可能であり、フットストラップは溝内をスライドすることによって調節可能である。
キーブラケット (フットボード、トップデッキおよびボトムデッキを接続する台形要素)は鋼製であった。


バックプレートの監視 SIII V1とSIII V2の2つの異なるバージョンがあります。
バージョン1(WRPC110) ハウジングには、スピゴットチューブの端にRS232ポートがあります。 バージョン2(WRPC110)ハウジング背面にRS232 Dコネクタポートがあります。

シリーズII WaterRowerは、米国とイギリスの両方で製造されています(原産国のレベルゲージを確認してください)。 各場所はローイング機械の様々なバージョンを製造した。

シリーズII-米国モデル

米国の操業では、ローイング・マシンの2つの基本設計、WaterRowerシリーズIIモデルAおよびWaterRowerシリーズIIモデルBが製造されました。

WaterRowerシリーズIIモデルAは、一般的なシリーズIの最初の再設計であり、次の特性によって識別される可能性があります。

  • フットボードは単一のもので、フットボードの一連のボルト穴によってヒールレストとフットストラップの両方を調整できました。

 

図3
  • キーブラケット(フットボード、トップデッキ、ボトムデッキをつなぐ台形要素)は木製です。
  • 典型的には、ローイング機械には、測定時間よりも高度な機能を有するワークアウトコンピュータが取り付けられていた。 典型的には、速度をm / s単位で測定した。
図4

ウォーターローワーシリーズIIモデルBは、ノルディックトラック組織を通じて広く販売されたモデルであり、次の特性によって識別される可能性があります。

  • フットボードは2ピースで、ヒールレストは固定され、フットストラップは2つのフットボードの半分の間で滑りました。
  • キーブラケット(フットボード、トップデッキ、ボトムデッキをつなぐ台形要素)はスチールで製作されています(上記の2と同様)。
  • 通常、ローイング機械には単純なカウントダウンタイマーが取り付けられていました。

シリーズII-英国モデル

英国の操業では、ローイングマシンの2つの基本設計であるWaterRower Series IIモデルAとWaterRower Series II Model Cが製造されました。

WaterRowerシリーズIIモデルAは、以下の特徴によって識別される可能性があります。

  • フットボードは単一のもので、ヒールレストとフットストラップの両方をフットボードの一連のボルト穴で調整することができました(上記の図3と同様)。
  • キーブラケット(フットボード、トップデッキ、ボトムデッキをつなぐ台形要素)は木製です。
  • 典型的には、ローイング機械には、測定時間よりも高度な機能を有するワークアウトコンピュータが取り付けられていた。 典型的には、速度をm / s単位で測定しました(上記図表4と同様)。

WaterRowerシリーズIIモデルCは、モデルAと非常によく似ており、以下の特性によって識別される可能性があります。

  • フットボードは単一のもので、ヒールレストとフットストラップの両方をフットボードの一連のボルト穴で調整することができました(上記の図3と同様)。

ボトムデッキ(タンクに接続)は黒いプラスチック(硬質ウレタンフォーム)でした。

図5
  • 典型的には、ローイング機械にはシリーズIIワークアウトモニターが取り付けられていたが、後のマシンにはシリーズIIIモニターが取り付けられていた(上記の図4と同様)。

すべてのシリーズI WaterRowersはオリジナルのデザインでした。 ロードアイランド州で作られた彼らは非常に特徴的で、次のような特徴によって識別されます。

  • 通し番号はフットボードの下のブラケットにあります。
図6
  • フットボードはハート型で、ヒールは固定されています。 フットストラップは2 "(50mm)で、ベルクロを使用して閉じました。
図7
  • 座席は、後部に尾の骨のためのクリアランスを与えるために切り取られており、布張りされていた。
図8
  • 前方ライザーには、ドライブストラップが通過する上部に2つのプーリーがありました。
図9
  • リアスペーサーは円筒形で、ダブルバンジーはベルクロストラップで取り付けられました。
図10
  • ドリーホイールには、中心軸が機械の右側を通っていました。 ドリーホイール自体は直径が5 "(140mm)です。

図11



		

クラッチ識別

すべてのWaterRowerモデルの重要な要素は、(スプラグ型の)クラッチです。 メインタンクアセンブリのプーリーの中で最大で、ハンドルストラップに直接接続されています(ボルトオン接続、ベルクロ接続、またはその両方を介して)。

技術と製造プロセスが進化するにつれて、使用されているクラッチの設計と材料は長年変化してきました。 最初のクラッチ(WaterRowerシリーズ1&2)はすべて金属製で、3の直径は「ボルトオン」または「ボルトオン」と「ベルクロ」ハンドルストラップアタッチメントで構成されていました。

  • 2013シリーズの初めまで、3シリーズと4シリーズの全木モデルでは、機械には金属製のクラッチが付いていて、ハンドルはベルクロのみで取り付けられていました(すぐ下に描かれています)。
  • 新しいスタイルのプラスチックハウジングクラッチは、A1 / Indo-Rowマシン用に開発され、4のすべてのS2013モデル(全木を含む)に引き継がれました。 これは、上部と下部の黒いプラスチックフランジ(またはリップ)によって最も簡単に識別されます。 それはメタルクラッチよりも速く後退する傾向があり、これはアップグレードの重要な機能です。
  • Indo-Rowスタジオには、2010と2011にボルトオン/ベルクロが付属し、2011の約7月にボルト式ハンドルで新しいプラスチックハウジングクラッチに移行しました。
  • M1モデルには、2010、2011、2012のボルト/ベルクロが追加されました。 M1とS1モデルは12月の2012から1月の2013までのボルトオン/プラスチッククラッチに切り替えました。

シリアル番号の場所

米国で製造されたシリーズIIウォータローラーは、タンクの側面にあるレベルゲージステッカーにシリアル番号が埋め込まれています。