再パックの手順

再パックの手順

何らかの理由でWaterRowerを出荷する必要がある場合は、オリジナルの梱包材を保管して、機械が損傷を受けることなく輸送されるようにしてください。 配送ボックスの追加セットを購入する必要がある場合は、購入可能です。 詳細は、[email protected]までお問い合わせください。

DUAL RAILユニットの再パック手順

ステップ1-リコイルベルトからバンギンコードを外します。

reseal2

ステップ2 - WaterRowerを下に置きます。

ステップ3 - 図のように、ハンドル・レスト・ボルトとハンドル・ノブを取り外します。

*注意:2ハンドルの残りのノブと2の長いネジをワークショップに送ってはいけません。

ステップ4 - 図のようにフートボードをサイドレールに固定しているサイドボルトを取り外します。

*注意:4 JCNナット&JCBボルトを当社の工場に送ることはしないでください。

ステップ5 - フットボードを取り外します。

ステップ6 - 前方ライザーブラケットをサイドレールに固定しているサイドボルトを取り外します。

*注意:4 JCNナット&JCBボルトを当社の工場に送ることはしないでください。

ステップ7 - タンクアセンブリを取り外します。

ステップ8 - タンクアセンブリを梱包し、私たちの製造事務所に戻ってください:

あなたの名前、住所、連絡先情報および返品理由が記載されたメモをボックスに入れてください。

WaterRower Inc.
担当:サービス部門
560メタコンアベニュー
ウォーレン、RI 02885
t:(401)247-7742
e:[email protected]

ステップ1 - 箱の上部から、継ぎ目に沿って、次に側面に沿ってテープ。 終了したら、ボックスを裏返しにします。

1

2

ステップ2 - フットボードを梱包します。 フットボードの「ボックス」を持って中央のフラップを折りたたむ。

1

2

3

フートボードを下に向けて置き、折り畳まれたセンタータブの後ろのスロットに上部を挿入します。

バックフラップの両側をフットボードの上に折り畳み、折り畳まれたフラップをフットボード上に折り畳む。 必要に応じてテープで保護してください。 完了したら、パッケージ化されたフットボードをボックスの向こう側に置きます。

1

2

ステップ3 - タンクアセンブリを梱包します。 リコイルベルトを前方ライザーブラケットの周りに巻きつけて固定します。

片側の周りに弾性バンドを巻きつけ、上のデッキの下に糸を通し、ハンドルの反対側に戻してハンドルを固定します。

1

2

3

残った水滴の漏れを防ぐため、木製デッキのゴムグロメットとタンクストッパーの間にビニール袋を置きます。

下のデッキの上に段ボールの次の部分をスライドさせます。 タンクアセンブリを裏返し、ボックスに入れます。

1

2

3

ステップ4 - ボックス内のタンクアセンブリの上にノッチを切り抜いて、スロット付き厚紙インサートをスライドさせます。 側面が折りたたまれていることを確認してください。 ホイールを上にしてこのインサートの上にシートを置きます。

1

2

ステップ5 - 次のスロット付きの段ボールのインサートを取って、一方のスロットのスロットを、段ボールの下のピースのスロットにスライドさせます。 トップピースを座席の上に折り畳んで、反対側に同じようにします。 静かに押して所定の位置に固定します。

1

2

3

4

5

ステップ6 - サイホンポンプをタンクの横のボックスの側面に置き、後部スペーサー、ヒールレスト、ビットバッグを段ボールのインサートの空き穴に置きます。

1

2

3

ステップ7 - ステップ1で行ったように、ボックスの底部をテープで覆い、次に右を上にして上に移動します。

1

右側のレールを右側に、左側のレールを左側に合わせてください。 両方のゴム製の脚は、図のように外側を向いています。

2

レールボックスの半分の背面スロットに右レールを挿入します。 レールボックスの上端が写真のように右側にあることを確認します。

3

右側のレールを右側に、左側のレールを左側に合わせてください。 両方のゴム製の脚は、図のように外側を向いています。

4

レールを傾けてボックスの端を安定させます。これは、図のように壁に当てることができます。

4

レールボックスの残りの半分を挿入するときは、レールをわずかに開きます。

6

レールボックスのもう一方の半分を、ボックスの上端が合うように配置します。 2つの半分が一緒にフィットするようにボックスの残りの半分をスライドさせます

7

2ボックスを一緒にテープしてください。

MONORAILユニット(A1、GXを含む)を再梱包する手順

ステップ1 - ボックスの上部を上にして、中央のテープに続いて、次にサイドの縫い目に沿ってテープを巻き始めます。 終了したら、ボックスを裏返しにします。

1

2

ステップ2 - タンクアセンブリを梱包します。 リコイルベルトを前方ライザーブラケットの周りに巻きつけて固定します。 片方の周りに弾性バンドを巻きつけて、上のデッキの下に糸を通し、もう一方の面に戻してハンドルを固定します。

1

2

3

ステップ3 - 残った水滴の漏れを防ぐために、ゴムグロメットとタンクストッパーの間にビニール袋を置きます。

ステップ4 - 段ボールのインサートを下のデッキの上にスライドさせます。 タンクアセンブリを裏返して、ボックスに置きます。

1

2

3

手順5 - フットボードをフットボードのパッケージに挿入してフットボードをパックします。 箱の中のタンクの上にフットボードを置きます。 ハードウェア、小型パーツ、サイホンポンプを梱包し、ボックスに置きます。

1

IMG_1697

2

IMG_1699

3

ステップ6 - タンクアセンブリ、フットボード、およびより小さな部品がパッケージ化されたら、ボックスのすべての縫い目をしっかりテープで固定します。

1

IMG_1701

2

ステップ1 - ボックスの上部から、中央の継ぎ目に沿って、次にサイドの継ぎ目に沿ってテープを貼ります。 終了したら、ボックスを裏返しにします。

1

2

ステップ2 - まず、インサートの側面に挿入し、フラップをパッケージテープでレールに固定して、レールをパックします。 反対側で繰り返します。

1

2

3

ステップ3 - 台車の車輪が後部に向くように箱のインサートを置き、レールの後部の足の端をボックスインサートに差し込みます。 次のように、バンジーがボックスインサートの後端の開口部から来ていることを確認してください。

1

2

3

ステップ4 - レールアセンブリをボックスに入れる前に、バンジーをボックスインサートの側面に取り付けてください。

ステップ5 - ボックスに入る前にレールアセンブリをどのように見えるかについては、右の画像を参照してください。

手順6 - レールアセンブリをシートの下の領域につかみ、図のようにレールアセンブリをボックスに置きます。 必要に応じて、ボックスの補強された角を静かに引っ張って、レールアセンブリをボックスの中に下ろしながら余裕を持たせます。

1

2

3

手順7 - レールアセンブリをボックスに入れたら、2つのボール紙挿入物をレールアセンブリの上部に置き、輸送中に移動しないようにします。 レールが固定されたら、縫い目に沿って箱をテープで仕上げます。

1

2

3